京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2009年10月13日

祭りじゃ祭りじゃ



 と、言うわけで例大祭無事終了。当社では2日に別れて催行、初日は「百味献餞祭」「宮衆祭」とが午前中。午後から「宮座祭」でお稚児さんが10組参拝に上がる。翌日が「例大祭」でその午後から「神輿巡航祭」となり御祈祷しまくりである。加えて今回は「宮司引継ぎ」で私が一人で全部御祈祷ることになり引継ぎの際のゴタゴタで一部不手際もあったものの無事終了。

 例年困るのが「御神輿巡航」。まず当社は子供神輿がでるのだが子供の数が激減している。くわえて子供が大人の言う事を聞かない。例年俗に言う「いちびり」がほたえるういて。親の顔が見たいと思うのだが親の顔ぐらい知っているので、ついその場で罵詈雑言を浴びせてしまう。そして杓(商売道具)でどつく! が、奴らはそれ楽いみたいで、乗せられて怒ると思う壺にはまってしまう。
 こいつら山の猿以下だ。加えて人数が少ないから、何かと大人が補助するのだが、子供が上に手を伸ばして大人の肩に届かないから、大人が持ちにくい体制で持つ。子供は場合によってはぶら下がる形になるので、とにかく大変。

 そういう形が例年続いたので、とにかく今年は直会で意見を聞く事にした。ワイガヤで声をだしても忘れるのでノートを廻して無記名で意見を募ったのだ。とにかく神輿は担げないので足(車)をつけて転がすようにできないか? との意見が散見された。既に隣町ではそうしているらしい。御神輿を台車に載せて山車のようにするのだ。

 それも一つの方法であり、否定はしないけれど……子供の数が減った事への対応策にはなっても子供のマナーUPには繋がらないンだよね。


同じカテゴリー(日々是苦労)の記事画像
茅の輪
同じカテゴリー(日々是苦労)の記事
 鬼さんどちら?? (2011-01-31 03:04)
 お祭りの準備 (2010-10-01 18:17)
 宅配屋奇譚(3/3)……南部界隈宅配事情 (2010-09-19 09:00)
 宅配屋奇譚(2/3)……六地蔵ネットスーパー編 (2010-09-19 08:25)
 宅配屋奇譚(1/3)……立志編 (2010-09-18 20:03)
 仕事そのものはそれなりに楽しいが…… (2009-11-07 13:01)

Posted by 淀の生頭  at 08:55 │Comments(2)日々是苦労

この記事へのコメント
生頭さん、こんばんは

無事に例大祭も終え、宮司さんの引継ぎも終了して良かったですね。
お疲れ様でした。

本当に子供の数が減っていますよねえ、下町に行っても子供の姿を余り見かけません。お年寄りの多いことにビックリします。
町内の子供神輿も人数がいないために出さない町内も多いようです。大人神輿は、担ぎ手が少ないので町同士でやりくりしているみたいです。子供の数が減るって、活気も無くなるって気がします。昔はもっともっと悪がき大将がいたように思います。

残念ですが、マナーを教える大人もいなくなりました。

では、またお邪魔致します。     よりすぐり
Posted by よりすぐり at 2009年10月14日 22:10
 悪がきどもも、大人に叱られるのを楽しみにイタズラしている部分があるのは、私も経験上? わかるので多少のイタズラは大目に見るのですが、それで怪我さもされると、こんどは主催者責任を問われますのでその判断が難しい。

 しかし、ホント子供が少ないのには閉口してしまいます。御神輿に車付きの台をつけること、マジに検討しないといけないですね。
Posted by 淀の生頭淀の生頭 at 2009年11月11日 12:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。