京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2011年08月08日

ツール・ド・ケイホク始動!


まずは、自転車道の駅の話。



 これは、ツーリストへの便宜を図る施設という事で今年の春に奈良の水間で立ち上がりました。
http://www.aohani.com/new_herb/stay.html

 もともと、ハーブクラブというカフェレストランがあり、ここは近隣のゴルフ場の帰りに立ち寄る方をはじめ、奈良市内からも昼食に車で約20分程度の道のりを走ってこられるお店で、モンベルショップも併設されており、宿泊も将来は可。という障害者が働ける福祉施設でした。そこへ自転車愛好家が休憩しやすい施設にしようと、メンテナンス用の工具、洗車場、駐輪設備を付加して「自転車道の駅」と称して最初の一歩が立ち上がりました。

 この近辺は柳生の里も近くツーリングコースとしては、悪くはないのですが、コンビニ一つなかなか見当たらないこともありまして、奈良県サイクリング協会からも歓迎されておる施設です。私も自家用車ではありますが数回訪問させていただいております。ピザなんぞは注文が入ってから「かまど」で焼くので少々時間がかかりますがその分、美味でした。

 これをこの度、京都は京北でも展開しようというお話がありまして、来春から動き出すと聞いてはいたのですが、それを前倒ししたいとの声が上がってお話が私のところへ転がってきました。

 お話を詳しく聞いてますと、京北にある神社、喫茶店、観光農園、キャンプ場などへの自転車での集客を考えたい。ついてはこの「自転車道の駅」のコンセプトを使って京北への自転車での観光集客を増やしたいというお話でした。で、各施設ではハーブクラブで作ったパン生地を冷凍で運んで、現場で焼いて供する。もしくはカレー(300個単位でレトルトが作れるそうな)も合せて提供予定。すでに某京都市内有名大学の学食カレーなどはこのカレーだとか。つまり現場で工夫する余地を残してパンとカレーに関しては準備がなされいる。つまり、名物パン、名物カレーが作れる訳で京北の害獣駆除で捕られた「鹿」「猪」などのカレーも作られているそうです。

 で、そのコースがコレ。お話を伺ったときに作ったのですが約92km。標高差が最大で250m。

 そりゃ周山街道を経て福井方面へ入る自転車がいるという話は聞いてます。しかしねぇ……

 今、私の足は萎えている。京都と奈良のほぼ中間地点から自走なんてまず無理。
 車載して走ったとしても一日仕事、いゃ一日じゃおわらないな(爆笑)

 各施設に「自転車道の駅」として欲しい設備を提案して、なお且つコース上のみどころ、危険箇所、見晴らしの良い場所、などなどチェックして地図を作ってミウラ折に折る。そして定期的に走行会を開くなどといった話になりそうな予感がする。
 
 お金になったらいい仕事なんだけれどね(笑)

 けど、お金にならなくっっとも、いい経験にはなるでしょう。

 田舎への自転車愛好家の集客、田舎の再発見にポタリングなんぞは私が「自転車神社」を提唱した(乗せられた?笑)に通じるものがある。まちづくりの為の自転車の活用、自転車愛好家の集客の勉強と考えれば、持ち出した金と時間の数倍の経験が得られ自分の次のステップへ繋がるのなら、安いものだ。

 なので、やる気満々ではあるが、体力的+距離的に既に参っている私が居る(笑)

 ンでこれから↑の内容でOKか、施設は現時点では上記のみかetcを確認して、企画の叩き台を作って協力者を募るべくアチコチに配信いたします。






  


Posted by 淀の生頭  at 17:55ポタリング?

2011年08月08日

城陽市から京田辺






城陽は近鉄久津川駅からJR田辺駅まで寄り道しながらの約11kmコース。高低差約20mのコース。久津川駅から大久保バイパスを南行して京奈和道の側道(歩行者用、自転車用@10円)を使ってポイと京田辺市へ渡るのがコツ。京奈和道の側堂は入り口の東側歩道に、自転車歩行者専用の地下道をくぐって真っ直ぐ行けば100mほどで入り口がみえます。
水主神社の丁度背中のあたりになります。
水主神社







で、今回のコースの目玉は、天神社、一休寺、棚倉彦神社です。天神社は京都府南部では非常に珍しい二間流れ造りのお社。大抵、お社は一間とか三間とか偶数を好む傾向があるのですが、二間とは珍しい。

天神社本殿




一休寺http://www.ikkyuji.org/

と側の薪神社は界隈の景観が今問題になっており、のどかな田園に住宅が急に建ち始め、住んでる人には悪気ないのだろうけれど、静かな田園に佇む社寺の雰囲気がぶち壊しといわんばかりの景観保全活動が急に始まっております。

そして棚倉彦神社。天井川を渡って境内に入って、瑞饋御輿が保存されてます。野菜で組まれた御神輿です。隔年で巡幸し今年は巡幸の年に当たります。祭礼日が重なるので私は見学に行けませんが、機会があれば一度は見学したいお祭りです。




  


Posted by 淀の生頭  at 06:59ポタリング?