京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2010年05月16日

たまごの話

 所謂「宅配屋」になって驚いた事がある。

「たまご」が通販されているのである。ドライバーにとっては爆弾と大差ない危険物である。

 そう爆発したら一大事だからね。大体、私ゃ田舎者なのでたまごは近所の養鶏所でキロ単位で買っていた。実際今もそうしている。

 だからスーパーでパック売りされている姿を始めて見たときにはチビッと感動すら覚えた。

 オヤジが神主初めてしばらくした頃にも「たまご」にまつわるカルチャーショックを受けたことがある。当時、御祈祷料は氏子さんの「お志で結構です」としておった。これは気持ちの問題だし、何より金額を指したら「それより上」の数字が入ってこないというセコイ算段もあったらしい

 で、某家で「地鎮祭」の御祈祷を受けました。当時は前日に忌竹の用意も神社側(最近は施工主がしてくれる。材料屋に注文すれば揃えてくれる店があるらしい)で用意していた。つまり準備期間も踏まえて二日かかっていたのだ。日当一万と考えて、材料費やら準備やら揃えて二日で二万円でトントンかなぁと、サラリーマンなら考えるだろう)

 で、そのお宅の地鎮祭が無事終わって「些少ですがお納めください」といわれて頂いたのが「たまご一パックのみ」だ。

 悪気はないんですよ。(上記の養鶏所じゃないよ念為)昔はたまごは貴重品で、病気の時とかお祝いの時とかにしか口にできなかった栄養価の高いものであったなごりが残る時代でもあったんです。
 
 実際、我が家でも幼少時には裏庭には二羽以上の鶏がいた。小学校低学年の頃は所謂「夜店でつってきた奴」で大人になってと早朝から起こしてくれた。融通の利かない目覚まし時計みたいなもんだ。私もチビッとだけ記憶があるが、保育園ぐらいの頃だろうか、自宅で鶏をサバいて、鳥スキにした記憶がうっすらとある。実際、姉は幼少の頃、母に「この鳥の羽をむしる」ように言いつけられ、面白がってむしった夜の食卓に、その鳥がでて数年間、鳥が食べられなくなったらしい。

 たまごの話に戻ろう。通販で買うたまごと、そのへんのスーパーで売ってるたまごとどう違うのか? 
 すんげー素朴な疑問である。道中で「割れる可能性」まぁ、これはスーパーでパックを買って帰る訳だが、移動距離が全然違うよな。しかも何らかの形で送料がかかってくる。

 いっちゃあ何だが、ウチじゃ養鶏所まで徒歩3分だ。いつも形の悪いモノをおまけにくれるぞ。
 いつもキロ単位で買うから、数なんか数えた事が無い(笑)

 高級なたまごを遠方から宅配で頼んで買うのが贅沢なのか?
 地元で新鮮なものを、顔が見える関係で買うのが贅沢なのか?

 こうして考えると、意外なことに私ゃ贅沢な生活してるなぁ。と思うよ。
 となりの芝生ならぬ遠方のたまごが美味しく思えるご時世なのかねぇ……

蛇足だが、本日この養鶏所のオヤジさんの米寿の御祈祷である。
ブログ書いてないでさっさと、祝詞書かなきゃ……  


Posted by 淀の生頭  at 09:51日々是発見

2010年05月11日

京都自転車マップ改訂版


 先日、書類提出した法務局がなんかいうてきた。ようわからんので、とりあえず足を運んで説明聞いて、とにかくあと一枚、書類を郵送で送って登記の変更完了。めでたしとあいなる。

 せっかくでばったので久々に環境市民に顔だしして、先日発売された「京都自転車マップまちなか版、郊外版」を各1でいただく。

 お手伝いした者の特典である。

 当然、お手伝いした神主の暴走で、当社もコースに含んでいる。ちょびっと赤面する記事もある(苦笑)自転車交通安全祈願祭、やりたいけれど、できてないんだよんねぇ……なんせ、気がつけばここ数年まともに走っていない。前回それなりに走ったのがこのマップの下見で無理から時間をとって走ったものの、今年は自転車で初詣ライドもできていない。つまり、冬からず~~~っと走れてない訳だ。

 加えて、昨今のこの長雨。実際、法務局ぐらい自転車で行こうと思ったのだが、天気悪いし断念。

 正月は私が遊びに出られなくなったという事情もあるが、田舎神社の正月の雰囲気、飾りつけは素朴でのんびりしていて、それぞれ個性があって私ゃ大好きなのだが、まぁこれは立場上しかたがない。

 しかし、とにかく現状を好転させて、貧乏暇なし状態を改善しなければ、自分の守るべきお社すらゆっくり見回ることができない。理想を言えば一時やっていたメールマガジンの再開(京都らへんポタリング日記)もしたいが、とにもかくにも時間が無い。これが再開できたら、自転車交通安全祈願祭もしやすくなるんだけどなぁ……

 実際、昨日の休日も朝から自宅の雑用→法務局→環境市民と徘徊してやつとなじみの風呂屋と立ち飲みと言うコースで〆られた。
 立ち飲みなんて一時は毎日ほど行ってたのに、最近は月に一回いかなくなった。車移動と金欠との板ばさみは人を代えるのだ。

休日の半分遊びではあるが、半分は雑用で一日が終わる。

かーちゃんが車の隣に座る度に言うんだよ「はよヨメもらえ」と。
そりゃ猫の子もらうみたいに貰えるものならもらってるよ。

まぁ今、一番の親孝行はヨメをもらうことなんだろうけれどさぁ……

とにかく少しづつ現状好転させてゆくから、その過程でめっかると思うから……気長にまってくで。

自転車乗りで、元気で可愛くて、神主の資格とってくれたら基本はOK。
って……こんなところで募集してどうする。

おっと、誤解を招く一文発見「一休寺の弁当は要予約だが庭園の拝観は予約不要」まぁ短い文章で色々書かないといけないのが難点だ。
  


Posted by 淀の生頭  at 06:38日々是多忙

2010年05月03日

内緒で母に感謝する









  母というより両親にはかなり屈折した思いがあった。

今も少し残っている。

しかし、それは多分、大酒飲みの飲みそこねた最後の一滴のような残量だ。

かなりの量をどこぞの大酒飲みが飲み乾してくれたようだ……。酒がまったく呑めない私にとっては、感謝感激雨霰である(一部、大嘘あり@笑)

 事の起こりは私が中3の年、地元の23代続いたと言われる宮司さんのお宅が「もう神職は継がない」と宣言したことに始まる。ウチの親父が亀岡NO2といわれる神社の出身なので、後継者としてその白羽の矢が当たったのだ。

 いきなり、将来神主さんになってしまった私がそこにいた。
 子供心に嫌だったんだよ。

 なんせ公民の授業で「思想信仰の自由、職業選択の自由」を習った矢先にその両方の自由を制約されてしまったのだ。

 だからどうして神職を継がないようにしようかと、思い悩んでいた時期が長かった。その間ず~っとグレてはいなかったけれど、心は不安定であった。なんせ頼りにするべき家族が有る意味「敵」な訳だから家族にも心を開けない。しかし良好な関係は保たないといけない。

 こうして典型的な京都人みたく「ニコニコしているけれど、ハラワタで考えている事は表に出さない。当然、家族にも」というものの考え方が染み付いてしまって……色々と鬱憤が溜まったんだと思うわ。

 そんな奴が宮司になるまで「気持ちが転んだ理由」はいくらかあるが、今回の話の主題から大きくずれるのでここでは割愛。そんな親に対する思いが、最近大きく変わってきている自分に気づいたのよ。

 特に母親に対して。父親は相変わらず駄目親父だよ。
 大槻ケンジに謳われる以上に駄目人間だと思う。

 しかし、かかし、母親は……よく働くんだよ。

 七十過ぎてやれ神社の裏方、田畑の世話、猫の世話、家族の世話。近所づきあいetc。

 私がいい年こいて仕事で困った時も、とにかく飯と酒はある。

 愚痴は言わない、励ましてくれる。

 ありがたいことである。


 そのことに感謝することすらできないほど、屈折した時期も確かにあった。

 しかし、最近ホント良く働く偉いなぁ。と、思えるようになったのよ。 歳とっても笑顔絶やさず働く姿は、偉いなぁと思う。

 そういう後姿を垣間見ることも、チラホラあったせいかなのか?

 もっと仕事と時間に融通を利かせて、家の事、神社の事に時間を取れるようにしたいと考えて、それなりに全力で動いたつもりなのに、なぜか現在、その逆の環境にいる自分がいる(苦笑)。

 基本的に土地家屋敷全部私に廻すつもりでいるのよね、両親は。

 けど、今の環境だと私には宝の持ち腐れになってしまう。

 最悪の場合、売却という考えも頭をよぎるが、こういう資産は後世の血縁から借りているモノなので個人的には処分はしたくない。

 そう考えている自分を見つけたせいなのかなぁ?? 

 母親が元気でいる間は、もっと頑張らないとね。
 と、思うようになった自分がココにいるわけなのよ。

 不思議なもんだわ。大学出て、仕事で東京に出たときは、二度と家に戻らないつもりが一割程度はあった自分が……今、一番大事に思うものが家族とお社なんだもんなぁ。

 高校時代なんてまともに家族と会話したつもりなんてなかったのに、今じゃ朝晩親の顔を見ておかないと不安になってしまう。

 歳のせいだろうか(苦笑)


 写真は昨年末にご近所さんが撮った働く母。

 撮影した方曰く、こんな風景はもう見られないと思って、撮影させてくださいと頼んだそうな。

 いつのまにか、この人の息子である事を誇りに思う私がいる
  


Posted by 淀の生頭  at 22:18日々是発見