京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2009年04月27日

東京談義「下」

 中野ブロードゥエーの夜は、酒池肉林であった。なんせ私ゃ稼ぎが稼ぎなので、人の顔を見て飲むことがほとんどない。このミーティングも3年ぶりの開催なので、久々に会う顔や、初めての顔合わせでも同業者つながりの草の根の話題は何かとつきない。皆でとぼとぼ歩いて感じた賑わう商店街って雰囲気いいよね。京都では私の知った限りこういう雰囲気の町はない。初めてだけれど、なんか懐かしいという変なデジャブを感じたりする。

 今、すんげ~不安なのが「ちゃんと飲み代払ったよな?」「あれ、おれホテルまでのタクシー代はらったっけ?」正直に言います。草薙くん状態で、記憶ありません。 飲み代に関しては、財布の中身がその分凹んでいたので多分払っていると思う。しかし、タクシー代に関しては不明だ。 誰と一緒に乗ったのかすら記憶にない。あぁ~また嫌われるんだろうなぁ~これで(困)

 さて、翌日の予定は皆、バラバラになった。私ゃ16:30の新幹線まで何をしようか? 結局、最悪の場合の段取り。「センチメンタルジャーニー」をすることにした。何かって? 私ゃ大学出てすぐはお江戸は神田に3年勤めていたのさ。その生活圏を歩いてみることにしたのだ。
 まずは神田の職場跡、三年間ず~っと歩いてきた職場への道のりなのに、目印が無くなって、記憶が曖昧で、JR神田から徒歩10分程度のところなのに30分ほどかかって到着。道中は神田祭の準備なのか、ビルの軒先に注連縄が張られてちょっと緊張感がある。道中で朝食として「小諸うどん」(立ち食いウドン)に入る。東京現役時代はこのチェーン店にはよく世話になった。ここは関東で数少ない、関西人でも食べられるうどん屋なのだ。関西の他店と代わり映えしないうどんの味なのだが、食っておこうと思わせるのがセンチメンタルな事情があるんだろうなぁきっと。

 職場跡はビルが建て替えられることなく存在していた。が、さすがに会社は移転したらしく名前は掲げられていない。まぁそんなもんだろう。足は秋葉原駅に向かい総武線にて市川へ向かう。

 本八幡で降りて葛飾八幡宮へ参拝。ここから京成線市川真間で下車、下宿はこのあたりで記憶していたのだが、何か違う。地名はここで記憶していたのだが・・・・・・携帯のGPSを覗いて目印を探す。この沿線で市川真間と本八幡の間で、駅から徒歩数分でご近所にお社が二社鎮座されて緑地があって・・・・・で最寄駅は小菅でした。
 駅を降りて驚いたのが、なんと私の住んでいたアパート及び隣の大家さん宅がなくなって更地になっていた。他数箇所、いきなり更地になっている所を発見、あわせて「環状線予定地」とされた看板を発見、どやら時代遅れの道路建設予定地となり立ち退いたらしい。

 こうして風景は変わっていくんだねぇ・・・・・感無量だったりする。

 ここまでで午前を費やした。あと約4時間どうしよう? 徒然なるままに明治神宮参拝、まだ時間がる。秋葉原のメイド喫茶も話のネタに面白いかもしれないが、中野ブロードウェイに感化されたのか、残業後に一杯のんだ神田のガード下が懐かしく思えたので再び神田へ向かう。
 さすがに土曜日の昼から空いてる店は少ないが、居酒屋を見つけてグダを巻くことにする。どうせならもう少し雑然とした賑わいをBGMに飲みたかったのだが、まぁ致し方ないでしょう。もっと希望を言えば「安さと不味さの鬩ぎあい」のような店が好みなんだけれどなぁ・・・・ココで飲んで、電車で寝込んで・・・・・成田まで行ったことあったよなぁ・・・・・帰り便が無くて困ってタクシーに乗ったら、ラブホテルへつれて行かれて、一人でラブホに泊まったのも、今では良い思い出・・・・・かもしれないなぁ・・・・
 
 さて、次回は神主京都オフ。がんばって世直しいたしましょう。(まずはお前の酒癖を治せってか????)
  


Posted by 淀の生頭  at 07:34Comments(0)日々是色々

2009年04月27日

東京談義「上」

 そういうわけで、お江戸いってきた。なぜかお頭では「親分アンド子分ズ」が歌う「遠山の金さん」のエンディングがながれていたりする。「お江戸のそぉらに春を呼ぶ~ なんちぁらかんちゃら、遠山桜~ ご存知長屋の金さんがぁ~ もろはだぬぅいでべらんめ~ おぉっと金さん名調子~」

 初日は有志の神職研修会と、言うことでメジャーな話題では、「バーチャル参拝」「神社名を冠した商品」「御祈祷や授与品のネットでの是非」などの問題点などの論議。バーチャル参拝については「その定義が明確に成されていない」「神宮遥拝」やその際にプロジェクターで神宮や日の丸の画像を掲げて「遥拝」とするのも広義でいえばバーチャル参拝になるんじゃないかい? それでいうなら「御札」でさえバーチャルなのでは? 要は我々「人」は「何を媒体」として「神様」と繋がっているのか? が問題視され物が新しいから認めない、古いから認めるといった隔て方では説得力がない。

 「神社名を冠した商品」についても「商品そのものに関して御祈祷を依頼されれば受けてもよし。しかしその商品が一般商店の店頭に並べて流通させる事」が目的であれば、神社ブランドを冠した商品となり、社頭で授与する「授与品」と店頭で販売される「商品」の間に「差異」が見えなくなり、社頭授与する授与品にも税金がかかりかねないといった危惧があることに加えて、京都においては元神社庁副丁々が奉職する神社が率先して、そういう事をしているので、なしくづしになってるね。と言うお話があがる。

 ネット上での御祈祷の申込に関しては、二昔ほど前、「ファックスが普及し始めた頃、ファックスで御祈祷の申込を始めた神社が、ファックスで御札を送ると、本庁?あたりの偉いさんが、勘違いして激怒した」と言った逸話もあり、いかにこの業界の統括部門が世間知らずで物事の論点を明確にできていないのかが伝わるいいお話だったりする。
 ネットでの受付は、電話、ファックスの延長であるので構わないと思うのだが、ネットで授与品を紹介して販売すると、これも「社頭で授与する」原則からはずれ、課税の対象とされないとは限らない。

 しかし、距離的な理由、健康上の問題で参拝したくとも参拝できない方に「バーチャル参拝」や「授与品の通信授与」といった手法はやむ得ない場面も存在するので、一律に線引きをするのは難しい。

 他、井戸端的な話題では某赤坂の有名神社の祭礼後、直会で○○事件があって週刊誌にスッパ抜かれたとか、ナルシストな神主が自分の女装写真をHPにアップしてるとか、久御山にもある有名住宅会社が神社と組んで、その神社が無許可で各地に分詞して、その住宅会社の地鎮祭を丸々請け負っているが、その勤務状態が極悪非道であったとか、住宅会社は安値で外注を叩くので仕事を請けてくれる会社が少なく、施工開始が大幅に遅れて契約した顧客からキャンセルを食らいまくっているとか・・・・・・言いお話満載の勉強会というか・・・・交流会でした。

 神社の尊厳性と言う問題で、個人的に感じるのはやっぱ本庁は「内弁慶」にもなれていない事。神社のホームページに関して定義もつけずに「バーチャル参拝だ!」と言って頓珍漢な糾弾し、笑われていることに加えて、ネット上の架空神社や秋葉原の「うさみみ神社」など外部に対して意見することをせず「神社の尊厳性」をことやかましく言うのは、どういうことなのか?

 お上が頼りないから、自分たちでなんとかしないとイケナイんじゃない?

 他、御家騒動で本庁離脱云々といった話題もありましたが・・・・まぁよそさんの内部事情には私はコメントようしません。「視点」が違えば「判断」も違うし第三者が事情も理解せずどちらか一方の肩を持つのはお門違いだ。ただ、「内輪もめは醜い」とだけコメントする。

 そして、その夜は宴会に突入する。  


Posted by 淀の生頭  at 06:50Comments(0)日々是多忙

2009年04月23日

おら東京さいくだ~

  私がケツ叩いて開催させたんだもんなぁ。行かないと顔たたないもんなぁ~ しゃ~ないやん。

  と、言うわけで神主東京オフに明日早朝出立します。

  交通費+宿代+飲み代+土産でで二日で5万はつかうぞ。きっと・・・・・・

  交通費+宿泊費ですでに35,000円だもんな。

  薄給なので辛いのよ、正直言って・・・・

  けどまぁ、今の稼ぎに骨を埋める訳じゃないし、何よりも「野望達成」の為には業界の人脈も大事だし、あとX年で私ゃ宮司だし、その時にゃ今の稼ぎには就いていられないし、伏線も張りながら、もがきながらその時に向けてのカウントダウン中なので、前倒しできる物事は前倒ししないといけないし、あぁ、財布が泣いている。嫁がいたら大激怒だ。

  なんせ、私の方でもこの夏に神主オフを京都で企画している。できれば今後年間3回は、私の企画で京都オフを手堅く開催したい。ここには、少しずついろんなものを色々と巻き込んでゆく予定。

  いわば次回の神主京都オフは私の野望達成の為の、最初の「野良を耕す作業」なので狭くても深く耕していろんな野菜や果樹が育つ土地にしたいのよ。

  そこへ、色々な苗を植えて、「田舎神社の再発見」→その地域の「良い部分を延ばして、悪い部分をなくしてゆく」→「人・金・物・情報の相乗するプラスの回転」へ持ち込む。その為のキーワードは「マナーの良い客を遠方から呼ぶ力」だと思っている。

 信仰で集客できたらそれに越したことはない。けど、信仰で参拝する人なんぞいまや、数えにくいのが実賞で、慣習で参拝するならまだしも、レジャーや物見遊山じゃちょっと困るよね

 信仰と観光の閾値が何処にあるのか? なんて考え出したらキリがないけれど、それを考える為の今の稼ぎでもあったんだが・・・・・まぁ、観光客の90%は野良犬ですわ。

 けど、残る10%のマナーの良い観光客を大事にして、その比率を挙げてゆくには、仮説しかなけれど、習慣の問題がからむので、今日の明日では変わらないんだろうけれど、こっちで羽ばたいた蝶々が、地球の裏側で嵐を起こす現象を見習って、もうひと羽ばたき悪あがきをしてもいいかな?

 というか、ここで頑張ってもうひと羽ばたきしておかないと、死ぬとき絶対後悔するような気がする。

 人間だって何時死ぬか解らない。
全力出し切って死ねれば本望。
中途半端で死んだら後悔しかのこらない。
 後悔だけはしたくないから、将来を見据えて、今の瞬間に全力をかける。

なんて、柄にも無くカッコ良いこと書いてみた。

が、今回の東京行きには一つ問題がある。
二日目がまるまる空くので、どうするのかが問題。

A案:してセンチメンタルジャーニィ(かって3年ほどお江戸滞在経験あり、その思い出を旅する。)
B案:秋葉原でメイド喫茶のハシゴ(笑) なんてったって・・・メイドは男のロマンだもんねぇ。??
  


Posted by 淀の生頭  at 21:23Comments(0)日々是多忙

2009年04月21日

イレギュラーな休日


 AM4:00を過ぎた頃、営業所から電話がはいる。私ゃぼちぼち起きる頃。曰く「車が凹んだので、休で悪いが休んで欲しい」とのこと。

私ゃ元々、本日はお休みだったのだが、神主オフの参加やらなにやらかにやらで、休日を移動させていたのだが、本来お休みの予定の人から休んでもらう形になっているので、しかたがない。

 営業所は申し訳なさそうに言うが、私にとっては願ったり、適ったり。なんせ休みにならなけりゃ、9連勤になるので、体力的な事を考えると洒落にならない。おかげで溜まっている「宿題」も多少ははかどると言うもの。

 朝から退治した事、その壱。落語執筆。これは社会人落語日本一大会参戦用である。8~12分の勝負なので、古典をはしょるよりも短い創作ネタのほうが良いだろうと判断、加えて日々の仕事のお話しでもあるのでその気になれば、何分でもしゃべれる自身はあるが、とにもかくにも時間内で演じられるように、練習しないとね。

 その弐.境内の自然観察ニュースの為のテンプレート。以前から、余裕ができた時に境内の自然観察レポートを発行しようと思いメールマガジンなども書いたことがあったが、とにかく定期的に発行というのは無理になったのであえなく挫折。今回はそのリベンジ。これは、月一で書くつもりのブログと、ネタがかぶるがよしとする。

 手の込んだ事は時間的に無理なので、空いた時間に、気軽に自然観察を行い、簡単なレポートを発行しようとそのテンプレートを作成。まったくの手抜きデザインだが、まぁ徐々にかっこよくしてゆこう。とにかくテンプレートができたので、観察が手頃にできるようになる。今後の手順は、境内で発見したものの写真を境内地図テンプレート上の地図上、発見した場所にはめる。対象物を図鑑などで調べる。
 同じ花でも、咲いている場所が異なると、咲き方の異なるのでテーマはできるだけ絞った方がいいかと思うが、まぁこれは今後の成り行き次第で考えよう。


 さて、これから境内にあがって、ばっと地図と資料を見開いて「京都自転車マップ郊外版」のコース設定をできるところまでやる予定。

 それはいけれどぉ・・・・考えてみりゃ全然休みになってないんじゃないかい?

  


Posted by 淀の生頭  at 13:16Comments(0)日々是多忙

2009年04月13日

何も考えない馬鹿がふらふらと京都に来る

 新聞記事を要約すればこうだ、週末に予想された「大渋滞」は起きなかった。逆にフェリーや鉄道の利用者は落ち込んでいる。加えて割引は普通車が対象で、しかも自動料金収受システム(ETC)搭載車に限られるため、トラックなどの営業車両には反映されとぃない。 ETC搭載に関しても、品薄の販売店が続出し、取り付けが間に合わないケースも出でいる。
 国交省が算出した経済効果は2年間で7300億円だが、期待していた効果が出ていない。

 記事では「週末に予想された大渋滞が起きなかった。とあるが、これはきっと「高速道路上」のことなんだろう。集客ができ経済効果が上がったとされる記事も一部地域ではあったようだ。

 しかし、京都市内は桜の季節となって休日は「渋滞地域」と「閑散地域」の差が極端であった。そもそも地方の人は京都の道を甘くみている。お客様の談であるが、ご実家の金沢から京都へ帰ろうと言う段にお兄さんが「車で送ろうか?」という「へっ? なんで」「高速1,000円で安なったし」「そない急に言われても、よう泊めやんよ」「いや、宿なんて贅沢いわんかったら、電話ですぐ取れるやろ」「・・・・・・・・あのねぇ~」と京都の交通事情を坦々と説教したそうな。しかし、よそさんの感覚はこんなものなんだろう。

 私も以前から書いているつもりだが、改めて書く。なんせ、通常の観光シーズンでも東山界隈の方々は、休日に車を出したら最後、まともな時間に自宅へ帰れない。自宅廻りが大渋滞するのだ。嵐山界隈では米屋さんが、通常2時間で廻れる配達が一日でできないと言われる。加えて地元日曜ドライバーですら「右折禁止場所」で右折しようとするし、「一方通り行」を逆走したりしている。地元民ですらこうなのに、他府県からの車がそ~いう運転をしない訳がない。

 宿なんて行楽シーズンにはまともに市内ではとれない。最近は大津や大阪界隈に宿を取って京都は来ることも多いらしい。これって馬鹿なマスコミが煽る部分も多々あるんだろうけれど、煽りに乗る奴も馬鹿だ。先日のTVも何かとあれば、京都、京都で一日が終わって私ゃうんざりしてしまった。馬鹿TVを二つ紹介しよう。

 その壱:着物の女の子がレポーターで、石部小路を歩いてる。街角の壁の足元に小さな鳥居が立っている。「きゃ~~こんなところに鳥居がある~かわいぃ~~~」とはしゃいで足元の小さな鳥居を手をくぐらせて遊んでいる。京都人が見たら「馬鹿」の一言だよね。これは「立ちしょん禁止」の意味なのに。言い方代えればここで立ちしょんする奴がいる可能性が否定できないから、そのような鳥居が置かれているのである。場合によれば、鳥居にかかっていることも????? 推測される。・・・・合掌

 この番組では、その後「だまって座ればうぞうすい」の有名店に舞台が代わるのだが、TVの編集ではすぐ近所に思える編集になっているが、徒歩ではそこそこあるんだよね。大和大路七条らへんのお店だから。

 その弐:「京都の穴場町屋レストラン!」・・・・・・・TVコーナー名でアウトだ。そんなもんTVで紹介したら最後、穴場じゃなくなるじゃん・・・・・・

 こんな調子なんだよね。過日は旭川ナンバーや沖縄ナンバーまで見たので、もうあいた口がふさがらない。昨日は平安神宮前で煙吹いてる神戸ナンバーがいた。わざわざ京都まで車壊しにきた迷惑千万な野郎だ。 只でさえ駐車場渋滞の拠点のひとつなのに・・・・・

 結局この政策は排ガスを過剰に排出させて、浪費を煽っているだけなんだよね。言い方を代えたら、行楽地に排ガスとゴミを過剰に作っているだけなのね。もっと言うと地元住民が生活に支障が出るほどの観光客は要らないんじゃない? 車で来られると駐車場~観光地間しか人は歩かないから、土産物の類は車の数ほど売れないのよね。その駐車場でも車が行列して待ってる。1~2時間は平気でアイドリングするし、渋滞は引き起こすし・・・京都議定書ってCO2の削減をうたったんじゃないの? その京都へCO2をばら撒きにきてどうするの?

 行政が馬鹿で仕方ないなら、民間で頑張らないと・・・・と言いたいところだが、企業は自分の事で手一杯だしね。

 そもそも、日本人が「猫も杓子もお隣さんと、同じでないと~」と言う考え方の根本には「結果の平等主義」という民族のインプリンティングがあると考えていたが、加えて「何も考えない人間」が増えているような気がする。いわゆる「マニュアル人間」の問題なのだが、そのマニュアル人間はそれまでの教育が作ってきたものでしょう。その大元はひょっとすると、明治維新の頃まで遡れるんじゃないかと最近思うようになったのよね。
 
仮説だが、欧米先進国に追いつけ、追い越せの時代はとにかく欧米の技術を学ぶことに始まったのだが、すでに出来上がったモノを学んだ訳だから、すでに体系化されていたわけだ。なので、体系化に至る試行錯誤を体験していないので、出来上がったモノを吸収することは得意だが、何かを立ち上げる、そのために悪戦苦闘する経験が少ないので、自分で考えない習慣がついてしまってているのではないか? 
 観光でもガイド本の類を鵜呑みにして、行列を作る馬鹿が堪えないし、観光地は楽しむけれど、その行程は楽しんでいない観光客は多い。欧米のいわゆるバックパッカーは、町を迷子になるところから楽しんでいるんだよね。これは、先入観が少ないから、街中を発見する楽しみがある。移動効率は悪いかもしれないが、移動そのものが苦痛ではなく楽しみなんだよね。
 行程を楽しむ人と、楽しまない人の違いは、物事を考える習慣がある人と、ない人の違いなのかもしれない。このままだと、日本人の97%が何も考えない馬鹿の国になりさがるんだろうなぁ。政治家が馬鹿、国民が馬鹿そうして馬鹿のスパイラルが加速するのだ。

 あぁ、涙がちょちょぎれるぜ・・・・・・・

  


Posted by 淀の生頭  at 04:20Comments(0)日々是馬鹿